コンサルタント紹介

須藤 直秀

プロフィール

青山学院大学国際政治経済学部卒業。第一生命保険相互会社にて法人営業、機関長職を経て、1999年12月に大手資格学校系列の人材紹介人材派遣会社へ入社。特許業界専門の人材コンサルタントとして、弁理士、特許技術者、特許事務等を特許事務所、企業の知的財産部へ年間20名以上の人材を紹介している。

紹介事例

① 29歳男性電気系大学院卒 企業研究開発職⇒大手特許事務所特許技術者
<成功のポイント>弁理士試験担当合格していたことによりポテンシャル及び特許事務所で就業したいと熱意の伝わり未経験ながら採用に至った。
② 41歳男性機械系大学卒  大手特許事務所弁理士⇒中堅特許事務所弁理士
<成功のポイント>技術分野を広げ自己の能力を向上させたいための転職であり、今までの経験分野とともに新たな分野にもチャレンジできる環境の事務所であったため転職に至った。
③ 35歳女性内外特許事務  小規模特許事務所内外事務⇒大手特許事務所内外事務
<成功のポイント>小規模特許事務所に在籍していたため内外特許事務の全範囲の経験があり、また語学も堪能であったため希望通りの大手特許事務所へ転職することが出来た。

メッセージ

特許業界への人材紹介に携わって15年となりますが、特許業界は大きく変化していることを実感しております。
2002年に「知的財産立国」が国家戦略として打ち出され企業の知的財産部門が強化されてきた時代からリーマンショックを経て現在に至っております。
これから特許業界に身を置きたいと考えている方々には、特許業界の現状や特許事務所での具体的な仕事内容をイメージできるようにお伝えさせていただき、客観的に皆様の長所を共に考えさせていただき現状において最も環境良く実務経験を積むことのできる特許事務所をご紹介させていただくことをモットーとしております。
特許業務をご経験されており新たな活躍の場を求めている方々に対しては、具体的に転職をする理由や次のキャリアで実現したいことをお伺いさせていただいた上で、皆様の希望と優秀な人材を求めている特許事務所をピンポイントでお繋ぎさせていただき特許業界に貢献していきたいと考えております。
さまざま溢れかえっている情報の中から真に有効な情報提供をさせていただくことによって皆様にとってもまた採用していただいた特許事務所からも喜ばれるエージェントを目指しておりますのでお気軽にご相談ください。

室伏 広志

プロフィール

2001年より大手国家資格受験指導校の人材紹介部門に勤務。特許事務所及び企業法務部・知財部に特化して弁理士、特許技術者、特許事務、弁護士を紹介。特許・法務分野に特化したキャリアコンサルタントとして、求職者の皆様に最適なキャリアパスをご提案させて頂いています。

紹介事例

① 32歳男性 機械系大学院卒 弁理士 中堅特許事務所⇒企業知財部
<成功のポイント>新卒で研究開発職に従事。その後特許事務所に勤務。企業知財部の経験はなかったが、資格者である事、また特許事務所での経験を評価され採用に至った。
② 38歳男性 情報系大学卒 特許技術者 小規模特許事務所⇒中堅特許事務所
<成功のポイント>年齢にしては特許事務所の経験が浅かったが、タイミングよく事務所が求めている技術分野がマッチしており採用となった。また、ご本人が転職先の特許事務所での就業を強く求めておりその熱意も伝わった。
③ 29男性 化学系大学院卒 弁理士 学卒未就職⇒中堅特許事務所
<成功のポイント>大学院修了後、弁理士試験の勉強をしながらアルバイト勤務。試験合格後転職活動をするも経験が無い為採用に至らなかったが、未経験者を意欲的に採用する事務所を紹介。高い語学力も評価され採用に至った。

メッセージ

環境を変える事は勇気が必要です。また、転職を考えるのは必ず何か現状を変えたいという理由があるはずです。人材業界に携わせて頂き多くの方々と出会いましたが、理由はその方お一人お一人様々です。私は求職者の方のその声をお聴きし、では具体的にどのように行動をしていけば良いのかをご提案する事、それをモットーとして参りました。
この仕事の最大の喜びは、皆様方が新天地でいきいきと活躍される事です。そして転職後も一生のお付き合いが出来る事です。ひとつのご縁を大切にし、いつでもお気軽にご相談を頂けるキャリアコンサルタントでありたいと考えております。
私どもは大手の人材紹介会社と違い、ありとあらゆる職種をご紹介しておりません。あくまでも知財、法務に特化してお仕事のご紹介をしております。また、求職者の方にお会いする人数も大手に比べたら少ないと考えます。しかしその事により、より求職者に向き合うことが出来、ご納得頂ける転職先をご提供できるものと思っております。
求職者の方々の満足の為に、自分がどこまで出来るのか。この事を自身の勝負感として日々業務に取り組んでおります。
今すぐの転職をお考えでない方もご相談を頂ければ幸いです。ぜひお気軽にお声をおかけください。